相席屋九太郎です。赤羽、池袋、新宿、渋谷、恵比寿、大井町、蒲田などで営業として活躍中です。相席屋が大好きです。 土下座して道行く人たちに名刺交換をお願いする事で、名刺の数だけは半端ない。 でも弁護士目指しているので、営業にはやる気がないです。 相席屋九太郎です。

相席屋大好き山田九太郎の、相席屋大好き山田九太郎による、相席屋大好き山田九太郎のための法律勉強ブログ。相席屋大好き忖度サラリーマンQ太郎(サラリーマン金太郎ではありません。)、弁護士・都知事含む111個の夢に向かって都内(赤羽、池袋、新宿、渋谷、恵比寿、大井町、蒲田などなど)首都圏で営業・相席屋に奮闘中ですか??

相席屋大好き山田九太郎と申します。明けましておめでとうございます。北海道出身 埼玉在住のアラサーです。仕事は営業、笑うサラリーマン 笑うセールスマンです。ブラック企業で働いていますが、この地獄から脱出するために、弁護士を目指して勉強しております。ちなみに、苗字は相席屋(あいせきや)名前は九太郎(きゅうたろう)初対面の人は嘘だろって言われますが、信じるか信じないかはあなた次第です。 ちなみに婚活中で、相席屋さんは大好きですw 自称日本一相席屋が好きなサラリーマン・セールスマンです。出没地域:主に赤羽、池袋、

相席屋・池袋・新宿・恵比寿でよく飲み、よく歌い、よく遊びつつ夜中弁護士になるべく法律の勉強に奮闘中111の夢をもち・弁護士のみならず都知事になることが最終目標です。北海道出身、埼玉県在住、大学は中堅クラス、首都圏を中心にブラック企業で働いでいます。みんな、読んでくれたら嬉しいです。

相席屋 九太郎の、相席屋九太郎による、相席屋九太郎のための法律勉強ブログ(その21 少数株主の不利な点をあげてみた①)

相席屋・法律勉強が日課です。池袋・新宿・渋谷・恵比寿によくいます。特に相席屋に(笑)

こんにちは、相席屋九太郎です。

今日は早起き、少し眠い、相席屋九太郎。たまの休日。昨日、営業成績未達でゲキ詰めされて、さらに仕事にやる気はない、でもこの会社に残ると言い張った勇敢な相席屋九太郎。あまり寝ていないので眠いのですが、折角の休日。

f:id:xiangxiwufgdddddd80qtailang:20180630151235j:plain

女性に殴られるのはご褒美

今日も法律勉強とブログを頑張るぞー

 

ところで、おととい、関係ないのだが恵比寿横丁へ行ってナンパして連絡先を交換したぞ。チャンスか、チャンスでないか、神のみぞ知る。デートに誘ってみた。その後日談も書くから、みんな!楽しみにしててくれよな!

f:id:xiangxiwufgdddddd80qtailang:20180630151407j:plain

 

 

 

アダム・スミスの「神の見えざる手」を思い出した。運命か、ベートーヴェンか。

gendai.ismedia.jp

アダム・スミスで思い出したのでググってみた。以下上記URLより引用。

 

アダム・スミスは、現代的な市場経済システムが「自己完結的」であるということを、歴史上初めて明確に定義した経済学者である。

「自己完結的」というのは、人間が生まれつきもっている「自己利益の追求」という個人的な動機を自由に解き放っておけば、市場も社会もおのずと成長し続ける、ということだ。

たとえひとりひとりの行動が利己的な動機によるものであっても、それが無数に集積されると、個々人の意図とはまったく関係なく、社会全体の利益となる。スミスが『国富論』 (1776年)で説いたこの理論は、その後ひとり歩きするようになり、今では市場経済システム全体が「神の見えざる手」によってコントロールされているという、いわば途方もないスミス解釈が主流になった。

 

相席屋九太郎もそう思っていた一人。違うのか!?

 

「全員悪人」の世界は成り立たない

 

 それを聞いて安心したよ。北斗の拳のような世界がきたらどうしようと、心配していたが、大丈夫らしい。

 

スミスはこう説明する。互いに傷つけあい、不正をはたらいて、いつも相手を出し抜こうと待ち構えている人ばかりでは、社会は存続できない。仮に「泥棒と人殺しだけで成り立つ社会」というものが存在するとしたら、それが存続するためには、構成員は「互いに盗んだり、殺しあったりすることを慎む」ことを逆説的に強いられる。

つまり、社会の存続には「正義」が不可欠だということだ。

 ふむふむ、まさに北斗の拳の世界にケンシロウがいることであの漫画が成り立っているということか。

 

っと、脱線脱線ダッフンダ〜

 

続きが気になる人は、上記URLを読んでくれよな。

本稿は株式会社における少数株主の不利な点をあげることをコンセプトとしておる。

まずは基本なのだが、株式会社における株主の権利は以下に分類される。

基本だから、みんなこれくらいは百人一首並みに頭に入れておいてほしい。楽勝だ!

このブログを読みまくっていたら自然に覚えるから(笑)

 全部覚えて相席屋で語ってみてくれ、モテるかもしれないし、モテないかもしれない。

神のみぞ知る、いや神の見えざる手によって女性はなびくであろう。

 

・持株数による議決権割合 基礎編

以下に株主のそれぞれの権利を記載する。

 
い)一株以上の株主(最低一株から)

  • 書面による事前質問権         
  • 株主代表訴訟提起権(6ヶ月間の株式の継続保有が必要)           
  • 定款、株式取扱規則、株主総会議事録、取締役会議事録、株主名簿、計算書類、監査報告書といった書類の閲覧及び、謄写請求権が発生する。

 

ここからがもっと大事になってくる。

 

ろ)全株式の3%以上株式を取得 →会計帳簿の閲覧謄写請求権が発生する、俗にいう帳簿閲覧権だ!そして、会社、子会社の業務及び財産状況調査のための検査役選任請求権が発生する。


は)さらに全株式の3%以上株式を、6ヶ月間保持→株主総会招集請求権・取締役・監査役の解任請求権・整理申立権が発生する。


に)全株式の10%以上の株式を保有→解散請求権が発生する。

 

ほ)全株式の34%以上の株式を保有→重要事項の特別決議の阻止(拒否権発動)が可能となる。

 

へ)全株式の51%以上の株式を保有

次が最も重要な事項です。

 

と)【最強】全株式の67%以上の株式を保有

  1. 定款変更決議等の特別決議の成立
  2. 持株割合を変化させる事項(新株・転換社債等の有利発行)
  3. 会社の内容を変えてしまう重要事項  ex.                 (減資・合併・定款変更・営業譲渡・会社の解散・株式交換・株式移転・会社分割)

基本的には株式の67%以上持っていればその人が会社での絶対権力者になりますが、定款で、これを上回る割合を定めている場合は別途異なってきます。

 

また帳簿閲覧権ですが、会社法第433条では以下のように定めており第二項により、場合によっては会社は拒否することが可能です。

 

第433条 総株主(株主総会において決議をすることができる事項の全部につき議決権を行使することができない株主を除く。)の議決権の100分の3(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の議決権を有する株主又は発行済株式(自己株式を除く。)の100分の3(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の数の株式を有する株主は、株式会社の営業時間内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。この場合においては、当該請求の理由を明らかにしてしなければならない。

一 会計帳簿又はこれに関する資料が書面をもって作成されているときは、当該書面の閲覧又は謄写の請求

二 会計帳簿又はこれに関する資料が電磁的記録をもって作成されているときは、当該電磁的記録に記録された事項を法務省令で定める方法により表示したものの閲覧又は謄写の請求

2 前項の請求があったときは、株式会社は、次のいずれかに該当すると認められる場合を除き、これを拒むことができない。

一 当該請求を行う株主(以下この項において「請求者」という。)がその権利の確保又は行使に関する調査以外の目的で請求を行ったとき。

二 請求者が当該株式会社の業務の遂行を妨げ、株主の共同の利益を害する目的で請求を行ったとき。

三 請求者が当該株式会社の業務と実質的に競争関係にある事業を営み、又はこれに従事するものであるとき。

四 請求者が会計帳簿又はこれに関する資料の閲覧又は謄写によって知り得た事実を利益を得て第三者に通報するため請求したとき。

五 請求者が、過去2年以内において、会計帳簿又はこれに関する資料の閲覧又は謄写によって知り得た事実を利益を得て第三者に通報したことがあるものであるとき。

3 株式会社の親会社社員は、その権利を行使するため必要があるときは、裁判所の許可を得て、会計帳簿又はこれに関する資料について第1項各号に掲げる請求をすることができる。この場合においては、当該請求の理由を明らかにしてしなければならない。

4 前項の親会社社員について第2項各号のいずれかに規定する事由があるときは、裁判所は、前項の許可をすることができない

 

ちょっと長くなったので休憩を挟んでまた下記ます。

後半も読んでくれよな。

 

相席屋九太郎でした。