相席屋九太郎です。赤羽、池袋、新宿、渋谷、恵比寿、大井町、蒲田などで営業として活躍中です。相席屋が大好きです。 土下座して道行く人たちに名刺交換をお願いする事で、名刺の数だけは半端ない。 でも弁護士目指しているので、営業にはやる気がないです。 相席屋九太郎です。

相席屋大好き山田九太郎の、相席屋大好き山田九太郎による、相席屋大好き山田九太郎のための法律勉強ブログ。相席屋大好き忖度サラリーマンQ太郎(サラリーマン金太郎ではありません。)、弁護士・都知事含む111個の夢に向かって都内(赤羽、池袋、新宿、渋谷、恵比寿、大井町、蒲田などなど)首都圏で営業・相席屋に奮闘中ですか??

相席屋大好き山田九太郎と申します。明けましておめでとうございます。北海道出身 埼玉在住のアラサーです。仕事は営業、笑うサラリーマン 笑うセールスマンです。ブラック企業で働いていますが、この地獄から脱出するために、弁護士を目指して勉強しております。ちなみに、苗字は相席屋(あいせきや)名前は九太郎(きゅうたろう)初対面の人は嘘だろって言われますが、信じるか信じないかはあなた次第です。 ちなみに婚活中で、相席屋さんは大好きですw 自称日本一相席屋が好きなサラリーマン・セールスマンです。出没地域:主に赤羽、池袋、

相席屋・池袋・新宿・恵比寿でよく飲み、よく歌い、よく遊びつつ夜中弁護士になるべく法律の勉強に奮闘中111の夢をもち・弁護士のみならず都知事になることが最終目標です。北海道出身、埼玉県在住、大学は中堅クラス、首都圏を中心にブラック企業で働いでいます。みんな、読んでくれたら嬉しいです。

相席屋 九太郎の、相席屋九太郎による、相席屋九太郎のための法律勉強ブログ(その18 相席屋九太郎による窃盗罪と業務上横領罪の違い)

相席屋・法律勉強が日課です。池袋・新宿・渋谷・恵比寿によくいます。特に相席屋に(笑)

どうも相席屋九太郎です。
昨日は相席屋のことばかりで、全然法律のこと書いてなかった、弁護士を目指す仲間たちよ
ごめん。

 

f:id:xiangxiwufgdddddd80qtailang:20180627180303j:plain

ひえええ



今日はよく似ていて、ちょっと違う窃盗罪と業務上横領罪について勉強しましょう。


・窃盗罪とは
刑法では
第二百三十五条  他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
(他人の占有等に係る自己の財物)
第二百四十二条  自己の財物であっても、他人が占有し、又は公務所の命令により他人が看守するものであるときは、この章の罪については、他人の財物とみなす。

窃盗罪は、

他人の占有を侵害する行為ですので、時的に借りるつもりで持ち出した場合や数十分程度借りてその後返却するといった場合でも、他人の占有を侵害したことについて窃盗行為が成立する余地は十分あります。

窃盗とは、他人の占有を侵害するこういですので、ちょっとそこまで行くのに一時的に借りるつもりで持ち出した場合や数十分程度借りてその後返却するといった場合でも、他人の占有を侵害したことについて窃盗行為が成立する余地は十分あります。

 

・業務上横領罪とは
業務上横領は、仕事上会社から預かって管理している金品を盗んでしまう罪です。
そもそも横領とは、、、(別途こちらについても記載します。)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E9%A0%98%E7%BD%AA

引用 業務上占有する他人の物を横領すると、業務上横領罪が成立する(刑法253条)。占有が業務であることで刑が加重される身分犯であり(不真正身分犯)、基本犯である単純横領罪が真正身分犯であることから、真正身分犯・不真正身分犯両方の性質を有する複合的身分犯である。法定刑は10年以下の懲役である。 (窃盗罪とは違い、罰金刑はない)


まず、業務上横領罪の「業務」とは、「社会生活上の地位に基づいて、反復継続して行われる事務のうち委託を受けて他人の財物を管理・保管する内容」を含むものとします。これは会社の金品を業務上保管する者、商売としてクリーニング屋さんのようにお客さんのものを従業員が預かる場合や、本来の業務に付随して他人のものを管理・保管する場合も業務上の占有者として認められます。

簡単に一言で言うと、業務上横領罪とは

「人から預かっている金品を自分のものにする」という事になります。

刑法253条では、
https://ja.wikibooks.org/wiki/%E5%88%91%E6%B3%95%E7%AC%AC253%E6%9D%A1

第253条
業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、10年以下の懲役に処する。

としています。

おおよその目安としては
被害金額100万円以下で、執行猶予
被害金額500万円で、2年の実刑
被害金額1000万円で、2年6か月の実刑
被害金額3000万円で3年の実刑

が目安となりますが前科があるとか、状況によって変動します。
もちろん、業務上横領を行なった従業員は懲戒解雇、横領された金銭の返還請求、刑事告訴になり得ますので
絶対してはいけませんし、やめてくれよな。


・両者の違い
今からクライアントとの会食なので明日また書くから読んでくれよな。


・結論
悪いことはしないでほしい

 

f:id:xiangxiwufgdddddd80qtailang:20180627180320j:plain

見張っているぞ


じゃあね〜